建築確認とは

建築基準法が定めている最低限の基準に引っかかるような建物が建っているようなことがないように、建物を計画するときから実際の使用中の各段階で法律に適合しているかがチェックされます。

建築確認は、計画段階におけるチェックのことです。

この建築確認は建築基準法で定められている建築基準関係規定に適合しているかどうかのみをチェックします。そのためその他の制限について適合しているか、問題がないか、そもそもその建物を建てるだけの能力や資金を建主が持っているかどうかは関係ありません。

あくまでも建築基準関係規定に適合しているかどうかについてチェックを行うのが建築確認です。

ポイント

  1. 建築確認とは計画段階における建築基準関係規定への適合性チェックのこと。
  2. 建築確認とは「建築基準関係規定」に適合しているかどうかのみをチェックするもので、その他の制限については関知しない。

コメントを残す

メニューを閉じる