建築基準法とは

建築基準法とは建物に関する最低限の基準を定めた法律のことです。
建築基準法は技術的基準を定めている単体規定と集団規定、それから確認申請などの手続き規定と命令・罰則規定の4つから成っています。

単体規定は建物自体に関する規定を、集団規定は都市計画法的な性格を持った規定になります。

ポイント

  1. 建築基準法は「最低限の基準」を定めている。
  2. 建築基準法は4つの規定(単体規定、集団規定、手続き規定、命令・罰則規定)から成る。
  3. 単体規定は建物自体に関する規定、集団規定は都市計画法的な性格の規定。

コメントを残す

メニューを閉じる